チャラい

異性にモテない理由5つ

  • 更新回数:5回
更新日:2019.01.15.

チャラい常に陽気で明るく、何をやっていても活発で賑やか…そんな人と友人になると、きっとプライベートも充実して楽しくなるでしょう。
しかし、空気を読まない・行き過ぎた陽気さは「チャラい」というマイナスイメージを抱かれることもあります。
恋愛においてはそれがネックになることも少なくありません。

おそらく、大抵の人は「チャラい人」を恋愛対象に含めないのではないでしょうか。
「お調子者、ふざけている、無責任で不真面目」というマイナスイメージを抱かれた人は確実にモテません。
そんなイメージでせっかくの出会いを棒に振ってしまうのは納得できないかもしれませんが、相手が求めているのは「誠実で真面目」な一面なのです。

例えば、女性は自分に興味を持って接してくれる男性を好きになります。
それを推し量るのは相手の態度です。
自分の話に熱心に耳を傾け、必要であればアドバイスや同意など、好意的な反応を示してくれる、そんな真面目で包容力がある男性は女性からモテるものです。
そこで女性を元気づけたいからと、あえて真面目な話の最中に相手を茶化したり、ふざけたりしていたら、相手はどう思うでしょうか。
落ち込んでいる相手を慰めたいだけで悪気はなかったとしても、相手はその真意を受け止めきれずに機嫌を損ねてしまうかもしれません。
「こんな人とは真面目に付き合えない」と思われてしまえば、そこで恋愛対象外です。

本気で恋を実らせたいのなら、脳天気な明るい態度はほどほどにしましょう。