完璧な人はいない

恋愛の妥協点

  • 更新回数:5回
更新日:2018.07.02.

完璧な人はいない過去に失恋し、新たな出会いを探そうとしている人なら、二度と失敗したくないと思うのは当然のことです。
「今度こそ妥協せずに、理想の恋人を探そう」と決意する人もいるのではないでしょうか。
しかし、恋愛において「妥協」はとても大切なことです。
好きだと思えるような相手がいるのなら、自分の理想がどうであれ、交際を考える余地はあるのではないでしょうか。

「妥協」という言葉を、自分の意思を曲げ、不本意な物事を受け入れることだと考える人は多いでしょう。
しかし、そもそも妥協とはは「お互いの主張を譲り合い、すり合わせ、結論を導き出すこと」を指します。
それは相手を思いやるということであり、恋愛という関係に欠かせない気持ちなのです。

恋愛に対して理想や希望を持っている人はたくさんいるでしょうが、その理想をすべて兼ね備えている人はおそらく存在しません。
完璧な人などおらず、むしろ人は欠点だらけの生き物です。
恋愛とは、そんな欠点を補い合える、そうしたいと思える人と関係を築いていくことなのです。

自分の恋人はこんな人であってほしい…と夢見る理想や希望は誰にでもあるでしょう。
しかし、目の前の人がそれに当てはまるかどうかよりも、本当に大切なのは実際に話をしてみて、好きだと思える部分があるかどうかです。
そう思える相手となら、二人でお互いを補い合い、思いやれることができるでしょう。
恋をするのなら、まず「完璧な人などいない」、そう心にとめておくことをお勧めします。