理想を求めすぎない

恋愛の妥協点

  • 更新回数:5回
更新日:2018.06.05.

恋愛の妥協点出会いを求めている人の中には、将来の相手に対してなんらかの理想を抱いている人も少なくないでしょう。
優しい人、カッコいい人、美人な人、お金持ち、誠実な人…、付き合う相手の理想や希望をあげればキリがないものです。
しかし、理想や希望は最低限の条件くらいに絞るべきではないでしょうか。

もちろん理想を持つのは悪いことではありませんが、「理想通りの人」イコール「自分と相性のいい人」とは限らないものです。
むしろ、たくさんの理想や希望を抱えて譲らない人には恋愛が難しくなるばかりでしょう。
本気で恋をしたいのであれば、「自分の理想に合う人」を探し求めるのではなく、たくさんの人とコミュニケーションを交わしてみて、その中から「好きだと思える人」を見つける方がいいのではないでしょうか。
理想や希望はひとまず置いておいて、まずは会話を交わし、自分と相手の相性を確認するところから始めることをお勧めします。

理想や希望の押しつけは、もし自分が相手の立場だとして考えてみると、目の前の他人から一方的な価値観に当てはまるかどうかをチェックされ、ふるいにかけられるということになります。
無礼ですし、不愉快でしょう。
それで「あなたが気に入りました、合格です」と言われても腑に落ちないのではないでしょうか。

「理想通りではないけど、なんだか好きになれそうな人だから」と妥協した相手との方が、案外よい関係を築けることもあります。
理想を求めすぎるのはやめましょう。