世間話より恋人同士の会話を

恋人のどこが好きなのか

  • 更新回数:5回
更新日:2018.03.19.

世間話より恋人同士の会話を今交際している恋人と出会い、仲良くなったばかりの頃は、とにかく相手が一番、相手のことを好きで好きで仕方ない、そんな風にのめり込んでしまった人も少なくないのではないでしょうか。
しかし実際、二人の出会いを経て交際へと至り、順調に交際期間が長くなってきたところで、ふと「この人のどこが好きなのかわからなくなってきた…」「交際当初のような、恋人を好きだと思う情熱が冷めてしまった…」などと感じて悩んでしまうこともあるでしょう。

愛する恋人の好きなところがなぜわからなくなってしまうのか、出会った頃のような「好き」という熱い気持ちをなぜ維持できなくなったのか、と困惑するのも無理はありません。
今も変わらず恋人のことは大好きだけど、交際当初に比べると漠然としてしまっているという場合は、もしかすると恋人とのコミュニケーションが不足しているせいではないでしょうか。
積極的な会話やデートを怠り、相手のことを理解したつもりになっていると、相手を「好き」だと思う気持ちを再確認できる機会が減り、愛情が曖昧になってしまうのです。
「恋人のどこが好きなのか」と自問してみて、その答えがパッと出てこない、そんな時は恋人と改めてコミュニケーションを交わす機会を設けることをお勧めします。

恋人と会話はよくしていると主張する人もいるかもしれませんが、その場合は単純に「世間話」をしているだけで、恋人に対する気持ちを話題にしていないのではないでしょうか。
映画やドラマの感想、会社や仕事への愚痴などの他愛のない世間話の会話では、到底恋人同士の信頼や絆は深まりませんし、その会話が恋人に対する愛情を強くしてくれることもありません。
例えば、自分に起こった出来事について話すとして、それに対してどんなことを思い、それによって恋人についてどう思ったのか、などを話題にしてみましょう。
今まであまり積極的に自分の気持ちを口にしなかったという人も、ぜひ恋人との会話をしてみてください。
「この人の、こういうところが好きなんだった」「意外とこんなところもあるのか」と、新鮮な気持ちで恋人を見つめることができるはずです。