ジョン・トラボルタ

更新日:2015.12.09.

ジョン・トラボルタ6人兄弟の末っ子として生まれたジョン・トラボルタは、高校卒業後にブロードウェイのミュージカルへ出演するようになります。
その後、ホラー映画『キャリー』で1976年に本格的な映画デビューを果たしました。
1977年に青春映画『サタデー・ナイト・フィーバー』でヒットして人気者となります。
その後もヒットだけでなく役に恵まれない時期もありましたが、1994年に『パルプ・フィクション』で復活、大スターの地位に返り咲きました。

そんなジョン・トラボルタは1988年公開の映画『エキスパーツ』の撮影で女優のケリー・プレストン出会い、親友関係になります。
その2年後、カナダでそれぞれ別の撮影のため訪れていたカナダで再会し、恋人関係に発展、1991年に結婚します。
2009年に最愛の息子を亡くすという悲しい出来事が起こりましたが、共に乗り越えて理想の夫婦として知られています。

リチャード・ギア
日本で放送された炭酸飲料のCMへの出演や、日本映画のリメイク作品で主演するなど、日本との関わりの多い、リチャード・ギア。
マサチューセッツ大学で哲学と演劇を学んでいましたが中退し、俳優になりました。
舞台で活躍後、1975年に映画デビューし、『天国の日々』で初主演を果たします。
主演を務めた映画『愛と青春の旅たち』や『プリティ・ウーマン』は大ヒットしました。
2002年公開の『シカゴ』は、ゴールデングローブ賞とミュージカル・コメディ部門主戦男優賞にノミネートされました。

1991年にスーパーモデルのシンディ・クロフォードと結婚しましたが、4年後に離婚。
女優のキャリー・ローウェルと出会い、7年の交際を経て2002年に再婚しました。