相手の気持ちを考えよう

更新日:2015.10.26.

相手の気持ちを考えよう相手の気持ちを考えるということは、恋愛する上で、とても基本的なことだと思います。
会っているときでも、電話でも、相手の気持ちを考えて話したり行動したりしなければいけません。

ですが、メールだと相手の顔が見えない、いつでも送れるということから、ついつい自分中心なメールを送ってしまいがちです。
相手がとても忙しいときにメールをどんどん送ったり、疲れているときに愚痴っぽいメールを送ったり、返信がないからといって、何度も確認のメールを送ったり・・・

こんなことを続けていると、せっかくの出会いも恋愛に至るまでに終わってしまいます。
メールを送るときは、相手がどういう状況にあるかというのを考えて送らなければいけませんよね。
付き合って長いとなれば話は変わってきますが、出会って間もない相手だったり、まだ恋愛関係になっていない相手の場合は1日に1回送るくらいがちょうどいいといいます。
メールの返信があってやりとりする分には、1回でなくていいかと思いますが、自分から新しく送るメールは少なくていいと思います。

1日に何度も何度も送っていると、「しつこい人」「ストーカーっぽい」という印象を与えてしまいます。
まだ相手の気持ちが見えない中で、突っ走るのはとても危険です。
ここは冷静に、相手の気持ちを考えながら少しずつ、少しずつ、距離を縮めていくことが、最終的には近道になるんだと思いますよ。