絵文字の効果

更新日:2015.10.23.

絵文字の効果絵文字のない文面は、少しそっけなく感じるものです。
だらだらと文字だけが並んでいると読みにくいですし、それが長ければ長いほど、とても事務的なメールに感じてしまいます。
かといって、絵文字だらけのメールも読みにくいものですよね。
チカチカしてゴチャゴチャしてて・・・
なんだか知性のなさをアピールしているかのようなメールになってしまいます。

そんなことにならないために、少しの絵文字を使うことが効果的だと思います。
句点のつく場所全てに絵文字を使ってしまうと、かなりの絵文字量になってしまうので、間隔を空けて使うように意識してください。
メール打ったあと、一度客観的に見直してみるといいかと思います。

出会って間もない場合や、恋愛関係に発展していないけどアピールしたいという場合は、ハートなどの絵文字も避けた方が無難ですよね。
大好きなことをアピールしたい気持ちは分かりますが、相手がまだそういう気持ちになっていない場合だと、「気持ち悪いっ」という印象を与えてしまうかもしれません。
せっかくの出会いを、絵文字で無駄にはしたくないですよね。

恋愛関係に至るまでは、なるべく明るく、シンプルな絵文字でのメールが効果的です。
明るいイメージの絵文字だったら、最後にひとつ使うだけでも印象が違うようです。
人によっては、絵文字を入れるのが面倒だという人もいるかと思いますが、せめて一つは明るいイメージの絵文字を入れてみてくださいね。