出会いを広げる合コン

こんな出会いはイヤだ

  • 更新回数:9回
更新日:2015.09.22.

出会いを広げる合コン今年も出会いの季節がやってきた。
世界的な不景気が続く中、厳しい就職活動を勝ち抜いてきた学生たちが、この春、うちの会社にもやってくる。
社内の空気がソワソワ、ソワソワ・・・。
新人達はどんな上司、先輩、同僚との出会いがあるのか不安と期待をふくらませているし、一方で、社内はどんな新人が入ってくるのか興味津々だ。
新人も、社内スタッフも、本音はひとつ。
「素敵な人がいたらいいよね」ってこと。

思い出すなぁ、新人だった頃。
今や新人を指導する側になった私だけど、この季節は新しい出会いがたくさんあるから好き。
人と人が出会って、仲良くなって、いろんな形の人間関係が広がっていくあの感じ。
なんか楽しい!根っからのおせっかい気質も手伝って、最近じゃ、すっかり飲み会の幹事が板についている。
会社の歓送迎会、壮行会、暑気払い、忘年会などなど、社内イベントの仕切りはお任せあれ!だし、合コン、オフ会、社外イベントもお任せあれ! って、私、実はこっちの仕事の方が向いてるんじゃ・・・。

そんなわけで、私も社会人になっていくつか合コンに参加していたら、ひとつの出会いがどんどん派生していって、気づけば週2、3日は合コンっていう生活になっていた。
しかも、その合コンのほとんどが幹事役だから、忙しいことこの上ない。
幹事役は嫌いじゃないからいいけど、これだけ合コンやってたら さすが恋愛経験も多いでしょ、なんて言われるから困るのだ。
確かに出会いの数は多い。 でも、その出会いの数から得たものは、私の場合、悲しいかな恋愛力ではなく、幹事力だったってわけ。