実践・出会い編

更新日:2015.08.24.

実践・出会い編実践テクニック集・出会い編
初めての出会いから、男性に結婚を徐々に意識させるテクニックをご紹介しています。

生活環境に踏み入る初めて会った人の生活を探る。
これはなかなか難しい事です。
実際、自分がされると、嫌だと感じる人も多いのではないでしょうか。
しかもあまり好みではない男性からこういったアプローチをされると、身震いがするもの。
そのせいか、自分もなかなか踏み込む事ができないという人も多いはず。

こういった方に教えたいテクニックは、本当に些細な事でOKということ。
「昨日は何を食べたの?」 「普段は何処で遊んでるの?」 「仕事はしっかりと休みが取れる感じ?」 まずはこういった相手の生活を感じ取れる質問から始めていきましょう。
こうした質問をする事で、相手に好意を伝える事もできますし、そこから興味を抱かせる事も可能になります。

実際に行動に出る 「今度、何か作ってあげようか?迷惑じゃないなら・・・」「部屋が汚いなら私が掃除してあげるよ」まずは相手の生活圏に踏み込むということ。
そして甲斐甲斐しく、世話女房、女性らしさを演出するということ。
要は男性側の生活に浸透し、「この人がいないとダメかも・・・」と思ってもらえる事が、結婚への足がかりになっていきます。

そして何よりも、出会いから僅か数日で、相手の生活から精神まで、深く自分を取り入れる事ができるようになります。

こうした関係性を続け、ある日突然、連絡をストップさせるという、オーソドックスな方法を取ると、効果の是非が判断しやすくなりますよ。