意識させていく方法

更新日:2015.08.18.

意識させていく方法結婚を意識していない男性に、「将来、二人で結婚しよう」と思わせる。
一見するとかなりハイレベルな壁に見えてしまいますが、自分の気持ちを認識させること。
結婚を少しずつ意識させる事は、誰にでも可能です。
ポイントは拒否反応を起こさせないということ。

既婚者の多くの人が、ある日突然プロポーズを受けるという体験をしています。
お互いに徐々に結婚を意識し、ある時、男性側が決意して結婚を告げる。
さりげない一言であるケースがあれば、ステキな演出でプロポーズしてくれるケースもあります。

どちらにしても、両者に共通しているのは、「お互いが結婚を想定していた」という事実。
出会いの形、現在の関係、そういった部分よりも、意識していたかどうかが重要になります。

ではどうすれば相手の男性にも、自分と同じ気持ちを共有してもらえるのか。
その答えは思いやりになります。
意外だと感じた方もいるかもしれませんが、お互いの生活の中で支えあうというイメージを強く抱かせる事によって、「ずっと一緒にいたい」「パートナー」と考えてくれるようになります。

実際にどういった演出や行動を伴えば、男性側が思いやりと感じてくれるのか。
詳しいテクニックは別ページで解説していますので、そちらを参考に。

重要な部分は、男性側はこうしたちょっとした事の積み重ねで、結婚を意識するようになるということ。
女性とは、根本的な思考パターンが異なるのです。
お付き合いしている期間が長いから身を固めたい。
お互いにラブラブだから結婚したい。
収入が安定しているのだから、家庭を持っても良いのでは? 逆に男性側はこうした流れでは結婚したくないと考えている人の方が、どちらかというと多い傾向にあります。