チェ・ジンシルと趙成珉

更新日:2015.07.22.

チェ・ジンシルと趙成珉1999年に上映された韓国映画「マヨネーズ」や、視聴率が40%を超えた2005年放送の人気テレビドラマ「バラ色の人生」で、日本でもお馴染みの韓国女優チェ・ジンシルが趙成珉と出会い結婚したのは2000年でした。

趙成珉は韓国のアマチュア野球界のエースとして活躍した後、1996年に読売ジャイアンツと8年の長期契約を結び入団します。
しかし趙成珉は疲労により右ひじの故障などで、結局読売ジャイアンツでは活躍できずに、契約を1年残しながら退団する結末になります。

退団後も趙成珉の人生は苦難の道でした。
退団後に始めたシュークリーム屋のチェーン店事業も失敗し、2004年8月には妻チェ・ジンシルへの暴力容疑で警察に逮捕されます。
この事件は結局起訴猶予となり趙成珉は釈放されますが、趙成珉はチェ・ジンシルとはこの年に離婚しています。

趙成珉との結婚のあと出産や育児のため一時芸能活動を控えていたチェ・ジンシルは、チェ・ジンシルとの離婚後の2005年に放送されたテレビドラマ「バラ色の人生」で完全カムバックを果たします。
この「バラ色の人生」は視聴率が40%を超える人気で、2008年には全く違う境遇にある男女が20年ぶりに出会い、次第にお互いに惹かれ合うストーリーのテレビドラマ「ラスト・スキャンダル」で、チェ・ジンシルがこれまで主演した最高のドラマに選ばれました。

しかし同年チェ・ジンシルは10月2日、自宅の風呂場で首を吊った状態で発見されます。
享年39歳でした。