招き猫発祥の地『今戸神社』

恋愛祈願神社お教えします

  • 更新回数:10回
更新日:2015.05.22.

招き猫発祥の地『今戸神社』口コミで評判!良縁を願う女性で賑わう「縁結び神社」
御祭神は、応神天皇(おうじんてんのう)伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)、そして七福神のうちの福禄寿(ふくろくじゅ)。
権現(ごんげん)造りの社殿では、大きな二体の招き猫と、にこやかに笑った福禄寿がお出迎えしてくれ、思わず微笑んでしまいます。
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉冉尊(いざなみのみこと)は、日本神話において最初に結婚した神様。
縁結びの神さま、結婚の神さまと言われています。
また、招き猫の発祥の地が、この今戸神社だそうです。
今戸神社の招き猫は、オス猫とメス猫で良縁を招くとされています。

良縁を呼び込む秘訣はまねき猫!?
招き猫人形も参拝者に大人気。
社殿脇にはかわいらしい「今戸神社なで猫」も置かれています。
今戸神社の神様に手を合わせた後は、お守りや絵馬などの授与品を購入しましょう。
「なで猫」は、『皆様に福が招かれますように・・・。
』という思いから設置。
猫は古代から神秘的な力をもつそうですから、やさしくなでてあげた方が得かもしれませんよ! 境内には、幕末に新撰組で活躍した沖田総司が、亡くなった地という”沖田総司終焉之地”の碑があります。

「縁結び」生情報を発信する神社
明るい気分になる今戸神社。
そんな今戸神社ホームページ内で、宮司の奥様が「縁結び神社発 奥様日記」、神職を勤める女性姉妹が「今戸神社便り」や「いちのともえブログ」を発信されています。
さらに、「ひとりでも多くの方に素敵な出会いを…」ということで、平成20年10月26日から登録制の『縁結び会』を開催し、縁結び会発祥神社として立ち上がりました。
そんな、参拝者の要望まで受け入れてくれるなんて、人情味のある神社ですよね。
授与品を求める最中、『縁結び会』の問い合わせの電話が鳴り響く様子も見受けられるでしょう。