職場恋愛の基本

更新日:2015.05.06.

職場恋愛の基本職場恋愛のメリット
職場恋愛の出会いのメリットは、やはり同じ時間を余裕で共有できることでしょう。
そして常に相手の姿を気にしながら毎日過ごせるので、「離れていると不安」という人には向いているともいえます。
しかし、仕事とプライベートは分けなくてはいけません。
よく個人的に社内恋愛は苦手という人が居ます。
それは公私混同で仕事がやりにくくなってしまうということを表しています。
男性が「死ぬほど口うるさく言われる」のが嫌だと言っているのをよく聞きますよね。
口やかましいのが問題なのではありません 。
一緒にいることで甘えが出てしまいますと周りのメンバーにも迷惑がかかってしまうのですが、恋は盲目といわれるくらい自分のことしか見えなくなってしまう人もいるからです。
正直職場恋愛にはいつも一緒に居たいわ!という人には不向きではないかと個人的に思います。
その甘えが裏目に出てしまうからです。
いずれにせよ公私混同せずけじめのある、やり方で楽しく出来るのであれば職場恋愛もありでしょうか。
できれば同じフロアとかでなく職場では別の場所で仕事をしているのが集中できていいですね。


職場恋愛のデメリット
職場恋愛のデメリットはやはり、だらしなくなってしまい仕事に集中できなかったりべたべたしてしまったときには回りに迷惑をかけてしまったりすること、またどちらかがあまりに近い距離で毎日であっている場合(同じ部署でない場合、本支店間などの場合は別)は、公私混同に疲れてしまって別れにつながってしまう場合もあります。
この場合女性がベタベタするとおもわれがちなのですが、実は男性のほうがうかれて女性に週末の予定を勤務中にメールしてきたり、手紙を渡したりすることもあるのです。
一昔前はメールなどがなかったので、湯のみ茶碗に手紙を貼り付けてやり取りをしていたという話があるほどです。
大昔から女性と男性の本質は変わらないのです。
ただ、お互いが尊重し、できないことは補いあうことが必要なのです。
しかしそれを職場間では控えてあくまで1社員としての自覚を持たなくてはいけません。
出会いを大事にしたければなおさらでしょう。