弱さを見せてみませんか?

更新日:2015.04.30.

弱さを見せてみませんか?弱さを見せて
恋人が欲しいのに、なかなか恋人ができない、出会いがないっていう人にはやはり、改善しなければいけない部分があるのです。
特に自分に厳しい人。
これは仕事やプライベートなことでもそうですが、「完璧な人」に当たる人です。
スキがない人というのは、男性に「この子には俺がいなくてもやっていけるんだ」と、支えが要らない人だと思われてしまうということ。
でも全てにおいて完璧な人なんていないんですから、そうやって強がっている人にも弱い部分はあります。
その弱い部分を、もっと見せていくことが必要なんです。
そういう女性の場合、弱さを見せているつもりでも、相手側からすると大した甘え方ではないんです。
ですからもっとわがままを言ってもいいし、弱っている自分をもっと出していくのがいいですよ。
自分の気持ちには素直になって、自分以外の誰かに守ってもらうことも必要なんです。

気付いていない
「自分は恋ができない」と思い込んでいるネガティブな気持ちのせいで、実はすでに恋をしているのに、気付けていない人がいます。
そのちょっとした気持ちの違いに異変を感じないところが原因です。
というよりも、「鈍感」な人っていますよね。
鈍感であるあまり、結構異性からのアプローチや声をかけられることも多いしハタから見ると確実に好意を持たれているのに、それをうやむやにしすぎてしまう点ですごく損をしています。
恥ずかしさや照れ隠しの度合いをはるかに超越して、もうただの近寄りがたい人という風になってしまっては手遅れです。
本人が思っている以上に周囲は好意を寄せているのに、それを素直に聞き入れないのはとても寂しいことです。
自分の魅力にもっと気付くことで恋に対する意識や異性に対する気持ちも変わっていくと思います。