こんな男性は年上むき?2

年上彼女に出会う方法

  • 更新回数:9回
更新日:2015.03.20.

こんな男性は年上むき?2芸術家肌の男性
芸術家肌の男性は個性的で独特の世界を持っています。
また自分が作品や何かのモノづくりの中へはいりこんでしまうときは邪魔することを嫌います。
これが例えば年下だったりすると自分にかまってもらえないと怒ったりします。
それがうっとうしいですし、こういうタイプは自分の時間も大事にしたいのです。

その点年上の女性は大人ですから、彼らを束縛したりしません。
出会いがあって、付き合うことになっても『作品』を作っているときにはそっとしておいてくれるでしょうし、余計なことを言ったりしません。
心地よい空間を提供してくれるので自然に同棲してしまったり、さまざまな形でいっしょになって共存していこうとすることが多いです。

この手のタイプの男性は、はたから見ると「わがままで変わりモノ」と思われてしまいそうですが実は非常に繊細で、その裏側が読み取れてわかるのは経験豊かな年上女性なことが多いのです。

人気があるイケメン
人気があるイケ面がどうして年上女性にひかれるのか?
こういってしまうと年上の女性って魔性の女性ではないのという声も聞こえてきそうですね。

特にイケメンと書いたのは理由がありまして、人気があるイケメンさんはみんなからちやほやとされています。
特に同年代や年下の女性からは本当に黄色い声をあびせられていることでしょう。
初めのうちは本人も自分が「人気がある」と思うので気分はいいのですが、おそらく知識やその他いろいろな細かい点に心配りができない年代なのだ ということに気がつきます。

しかし年上のあなた=アラフォーの女性が現れ、良い出会いがあると、あっという間にいろいろな女性特有の「気づき、心遣い」をみせつけられてしまい、自分がウンと楽になってしまうのです。
今までの人たちは何だったの?俺、こんなに心地が良いこと気づいてなかったんだと思い知らされるのです。

もちろん若くても気がつく女の子もいますが、たいがいはそういう子は苦労が多いものです。
苦労が経験とともに、女性を成長させています。
そのためそのような女性は、自分に利益をもたらさないような男性に黄色い声を浴びせることはないのです。
その点に関しても、経験豊富な年上女性は非常に心地の良い存在といえます。
顔だけで近寄ってきているわけでもないので、男性の本質を見られている心地良さもあるのです。