浮気を食い止める対策

浮気を見抜く10のコツ

  • 更新回数:9回
更新日:2015.02.18.

浮気を食い止める対策あえて様子を見る
浮気を食い止める対策は、はっきり言って人それぞれ。
何を対策してもダメな人はダメですし、怒れば怒るほどよけいに浮気をしてしまう人も居ます。
またされたほうも怒りが収まらないこともあるでしょうし、まずしてしまったことに対して罪悪感があるのかないのかというところから見ていかなくてはいけません。
その場合、あえて様子を見て相手の出方を見るというのもひとつの方法です。
食い止めにはならずに広がりを防ぐことになるのですが、自分の中で一度くらいは大目に見るという力量があるのであれば、相手の様子を見ましょう。
そして反省して二度とやらないというのか?また行うのかというところです。
一度そのようなことをして懲りる場合はあなたに頭があがらなくなることもあります。
しかし反省していない場合は繰り返す可能性もあります。
あなたは毅然とした態度で相手がどうして行くかを見ることです。
そしてどうするか決めるのはあなたになるのです。

あえて放っておく
浮気を知ったら、あえて相手を放置しておくと言う手もあります。
どこかへ出会いを求めて出掛けるのを知っても、何も言わずにいる。
ただしその場合、あなたは今後どうするかを決めておかなくてはいけません。
相手がばれてないとおもってもあなたが知っている場合相手の様子を見ることと同じに相手から何か言ってくるのを待つ、ほっておくということになります。
ただ大体の人は浮気が解ったときにほっておくことが出来ないのが普通だとおもいますから、ほっておくとしても水面下で気になるようであれば、専門家に依頼して真相を突き止めたり親しい友人に様子を聞いて教えてもらうのもいいかもしれません。
そして相手がエスカレートしないように監視しておき、危なそうな場合には専門家や友人の力を借りてエスカレートするのを阻止するようにします。
なかなか相手は尻尾を出さないかもしれませんしとぼけるかもしれませんが、証拠さえ押さえてしまえば何もいえなくなります。