友達から恋人に変わった人のポイント

友達を恋人に変える方法

  • 更新回数:9回
更新日:2015.02.02.

友達から恋人に変わった人のポイント長い付き合いで変わった場合

出会いから長い友達としての付合いを経て恋人となった場合、は最初らお互いが空気のような存在だったことがあるでしょう。
その間にはお互い別の人と付き合ったりしていて何かあれば相談したり時には泣きついたりしている間柄だったかもしれません。
しかしこの場合どちらかはずっと相手のことをおもっていたということが多いです。
お互い友達で実は最終的に恋人になったというよりどちらかが思いを抑えていて最終的にもう一方も気がついたというイメージです。
ただあなたという人に「あっているのか、キチンと毎日向き合えるのか」ということを必要なこととして覚えてほしいのです。
その気付いた瞬間はある日ふとしたことで、この人が一番自分を解ってくれるということに気がつくのです。
思いが、吹き出てきました!という人たくさん聞きます。
まるで、
「バット」で頭をガーンとなぐられたような衝撃でこれだったんだ・・・ということがわかる瞬間が来ます。


ある日突然来るXデー

それから、上記にもつながることですが、「がーん」時がつく日をXデーと呼びましょう。
たまたま友達を介して専門家のアドバイスチャンスをもらい相談したところ、自分のいままでの行動を振り返ってみて目的意識が薄れていたこと、自分自身というものがなかったことで相手を意識することが出来なかったという方も多いようです。
ある日突然Xデーは着ます。今まで全く気にしていなかったことがすごく気になるようになります。同じことをしていても意識したり、変にドキドキしてしまったりする・・・こんなことがあったら今までの自分と相手とのやり取りを思い出してみましょう。
恋人が居ないとおもっている人実はその人が相手かもしれません。
ただ、あまりになじみすぎてしまうと意識をしにくいのが友達です。
しかしあなたのそばで、いつもあなたを支えてくれているとしたら。
皆さんにとってどんな人がベストなのか、それを見つける目安にしていただければと考えています。