友達以上恋人未満の微妙

友達を恋人に変える方法

  • 更新回数:9回
更新日:2015.01.27.

友達以上恋人未満の微妙友達の定義とは
友だちというのは、都合が良いときに良く使われる言葉です。
もちろん本当に友達よいものですし、男女間の友情もありえます。
そうした出会いは、大切にした方が良いでしょう。
しかし中には、自分は友達と思っていても、相手は友達とすら思っていない場合もあります。
ようするに友達の定義は一般的には体のつながりがあるかということと、心のつながりすなわちプラトニックの関係であるかどうかということです。
友人に「若いうちは合コンもいいが、もう、いい加減年相応の探し方をしなきゃだめなんじゃない?」と言われてあわてて友達を昇格したというような人も居て、都合がいい存在の微妙な位置の人もいますよね。
しかし友達以上恋人未満ってまんざら嫌いじゃないけどもう少し素敵な人が居たら乗り換えちゃおうという感覚が否めないのですが、実はその人が一番合う人だったと気がつくこともあるようです。


恋人の定義とは
恋人の定義とは先にいった友達の逆が恋人ということになります。
たとえれば定義は一般的には体のつながりがあるということと、心のつながりすなわちプラトニックの関係であるということです。
また将来の伴侶として考えることもあるでしょう。
「背が高くて、イケ面で・・・」というような高い理想をもっているひともいますが大体は自分が話していて心地よい人を選びます。
少なくとも「イケ面」で食べていけるのはホストかホステス(しかも話がうまいことも条件になりますが)くらいなものです。
サラリーマンに必要なのは経済力=年収がいくらでこの人と生活をきちんと営んでいけるのかという部分、見たくないかもしれませんが障害の伴侶の場合は、現実を直視してアラサーは婚活をすることが必要になってきます。
恋人の場合ここまでいきませんがやはり、自分が一緒に過ごす人ですからある程度の条件が必要になってくることでしょう。
一番はあなたを大事にしてくれることです。