食前に飲むだけ!砂糖ミルクダイエット

更新日:2015.01.19.

食前に飲むだけ!砂糖ミルクダイエット砂糖ミルクダイエットとは
牛乳の中に砂糖を入れて、食事の前に飲む。これが、砂糖ミルクダイエットです。簡単すぎて効果があるのか心配・・・と思うでしょうか。でも、大丈夫です。このダイエット法には、ちゃんと裏付けがあるんです。出会いに向けてダイエットを考えている方は、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

砂糖ミルクダイエットの効果
ミルクの中にはカルシウムが含まれています。カルシウムにはイライラを解消することで知られています。 また、砂糖には「セロトニン」という物質が含まれています。この「セロトニン」が増加するとハッピーな気持ちに、逆に減少すると不安な気持ちになると言われています。

さらに砂糖の糖分は血糖値を高めて満腹感をもたらしてくれます。ですから、砂糖ミルクを飲めば、空腹感のイライラもなく、逆に満腹感を得られてしまうのです!せっかく満腹感を得ても、その後の食事を摂りすぎてしまってはもちろんダイエット効果はありません。

砂糖ミルクの作り方・飲み方
砂糖ミルクの作り方を紹介します。

1.牛乳をカップに1杯用意します。
2.カップの牛乳をレンジで温めます。
3.温めた牛乳にさとうを小さじ一杯入れて、よくかき混ぜます。

しかしここで、一つ注意することがあります。
牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう方がいますよね?そもそも乳は「乳糖分解酵素」を体の中にもっている赤ちゃんが飲むもの。大人になると乳糖分解酵素が消えて、乳糖を消化できないためお腹がゴロゴロするのです。これは日本人に限らない当然の反応なんです。ゴロゴロが気になる方は無理して飲まないようにしましょう。気合いを入れて出会いの場へ行く前に牛乳を飲み、本番で何度もトイレに・・・なんて、絶対に避けたいものです。
もしくは『アカディ牛乳』などの加工乳は、あらかじめ乳糖が分解されているのでお腹がゴロゴロしにくくなっています。

次に、砂糖ミルクの飲み方を紹介します。

1.食事の15分前に砂糖ミルクを作って、ゆっくりと飲みます。
2.15分経過後、食事を始めます。
3.砂糖ミルクで得られた満腹感を感じながら、良くかんで食事をします。

以上です。
良くかんで食事をすると、ごはんのデンプンが糖に変化するのと、満腹中枢が働くため、さらに満腹感を得られるようになります。砂糖ミルクダイエットをはじめたら、食事の量は少なめにして、良くかんで食べましょう!